化粧品のビタミンCとビタミンC誘導体の違いについて


お肌にいい成分として、必ず挙げられるのがビタミンです。特にCは、美白や抗酸化といったお肌のケアのみならず、免疫力のアップなど、体にとっても大変効果があるとされています。しかしこのCそのものを体内で作ることは不可能なため、昔からお肌にいい食品として、Cを豊富に含む食品である野菜や果物が紹介されて来ました。しかし、Cは光や酸素、熱などに対して弱いため、火を通す調理で損なわれることが多く、また、レモンの汁などを顔に塗っても、酸化するためかえってシミになりやすくなったりもします。
そこで開発されたのが、Cの誘導体です。この誘導体とは元々化合物のことで、本来の形を失わずに変化が加えられた物質のことを指します。肌の奥深くで効果を発揮するため、肌表面で酸化する心配はなく、安心して、しかも効果を期待して使うことができますこの誘導体には水溶性と油溶性のものと2通りあります。とりわけ水溶性のリン酸アスコルビルマグネシウムは、様々な化粧品に配合されています。ただし、Cそのものは刺激を感じる人も多く、またCの誘導体には配合の上限がないため、人によってはお肌がぴりぴりすることもあります。このような場合には、配合濃度の低い物に変えてみることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。