脂溶性ビタミンC誘導体について


「脂溶性ビタミンC誘導体」とは、自然界には存在されないもので、元々水溶性のものに油分を結合させた成分です。
油分を結合させたことにより、クリームやジェルなどに配合できるようになりました。
代表するのが、比較的新しく開発された、新型のテトラヘキシルデカン酸アスコルビル「テトライソパルミチン酸アスコルビル」です。
水溶性のものにくらべると安定性があり、皮脂分泌のコントロールに影響しないので刺激がほとんどありません。
そのため、乾燥肌や敏感肌などの方が使用するのもおすすめです。
また、水溶性に比べると浸透率が良く、長時間作用する事でも知られています。
ただ、紫外線に弱いといった弱点があり、光にあてると効果が無くなってきてしまいます。
そのため、保存する際には冷蔵庫などの、暗くて紫外線があたらない場所に置いておくのが良いでしょう。
効果としては、メラニンの生成の抑制によるシミやソバカスの予防。くすみ予防などの「美白効果」に加えて、コラーゲンの生成の促進による小じわやシワ、たるみなどの予防。ストレスを抑えることによる、ニキビなど肌荒れの防止など、様々な効果があります。
化粧品にはクリームやジェルが多いですが、さらっとした使い心地のものが多くなています。

コメントは受け付けていません。